今年もまた、陽気な時季がやってきました。

窓を開ける旬が来ると思い起こします。
あぁ、またこの季節がやってきたかと。
お向かいの音声。ご旦那、夫人、乙女。
今朝も乙女の音声が聞こえてきました。

女ぁ〜、女ぁ〜、うぇ〜ん!!
普段のコンディションはさっぱりお姉さんになっているお向かいの乙女もハイスクールだ。
そんな乙女の幼児かと思うような泣き声。
週末には決まってご旦那の怒鳴り音声。
お〜い!何やってるんだ。いきなり済ませろ!!
夫人の叫び声。
わかってる!今やってるでしょ!?
言い争いが続きます。

これは友人親子のただの日常講話だ。
やがて家族で出掛けるんでしょうか。
三方一緒にマンションのクリーニングをやるコンディションが溢れることもあります。
マンションの尖端から尖端に向かって話しているのでしょうか。
でもね。聞いているここがハラハラしてしまうんです。
夫人、乙女の奥さんの音声はまだいいんです。
ご旦那の迫力ある怒鳴り音声が溢れるとメンタリティが滅入ってしまうんです。

くれぐれも自宅も静寂ではありません。
乳幼児を叱ったり、泣いたりの音声も外まで聞こえていると思います。
でも、お向かいとは具合と言うかすさまじさが違うんです。
単なる日常のシチュエーションだってわかってはいるんです。
わかってはいるんですが、そぉっと窓を閉じるお日様がまたやってきました。ミュゼ うなじ