マーベルスタジオの自家製フィルムを制覇したい

MARVELといえば、沢山の主人公が要る事で知られていますが、その中でもマーベルスタジオが自家製講じる写真を制覇したいと思ってます。
代表的な主人公といえば、アイアンマン、キャプテンアメリカ、マイティーソー、ハルクといった周辺でしょうか。
アイアンマンがスタートしたのが2008年代ですが、現在までに13作品がリリースされてます。
こういう関連実はフェーズ分けされていて、2012年代のアベンジャーズまでが場面1。
2013年代のアイアンマン3〜2015年代のアントマンまでが場面2になってます。
ちなみに自力は場面1は合計映画で集めていて、次は場面2を集めてます。
こういうマーベルスタジオシリーズの明るい所は、ユニットが写真作品でありながら、これまでの関連が合計少しずつ繋がっている所にあります。
ふとした公演奴が、「おっ!」ってのぼる事も。
例えば、2008年代アイアンマンに起きるハンセンは、トニーに会ったところ「以前に会った事がある。」と伝えていますが
2013年代のアイアンマン3で確かにほんの1食い分くらいですが、トニーと会釈を交わすときがあります。
これはアイアンマンだけの話ですが、全てのダイアログにおいてそういった認識があるのです。
ユニット順を追って出向くごとに強みが増す事由もこんなところにあるのかもしれません。
私のオススメは当然場面1合計だ。
締めにあたるアベンジャーズははなはだ上限。
主人公が何とか対面する周辺なんて、ワクワクします。
只今、キャプテンアメリカシビルウォーまで筋道が進みましたが、今後も10作品程度は考えが組まれている図案。
スパイダーマンシリーズもマーベルスタジオからの公表が決まったみたいだし、未来がひときわ面白くなりそうです。ウォーターサーバーro水